うつ病は早めの治療が大切【心身ケアの扉】

ナース

心の健康を守ろう

女医

現代社会はストレスを回避できないほど忙しく、その中で知らず知らずのうちに体調を崩してうつ病になる人も増えています。その一方で、心の健康についてマスコミなどで取りあげられる機会も増えて、企業など社会全体でうつ病を回避したり積極的なチェックを呼びかけるなどの動きも増えてきています。

詳細を確認する

病気のわかりにくさ

男性

うつ病の説明をしようとすると結構難しいことに気づきます。原因、仕組み、症状などのわかりにくさが、うつ病の治療を遅らせたり誤解を生んで状態を悪化させたりする一因にもなります。 このようなことを防ぐため、うつ病のわかりにくさが生じる背景を理解し、先入観にとらわれずに対応することが重要です。

詳細を確認する

心の病気と向き合う

女性

「うつ病」は現代を表す心の病気と言えるものです。それは無気力や虚脱感というものを発生させ、それがひどくなると日常生活に支障が出る事もあります。こうした心の病気は、普段から「自分の心をリラックスさせる時間を持つ」という事で、対策とする事ができます。

詳細を確認する

心の病を悪化させない為に

相談

まずは受診することから

気分が落ち込みやる気が出ない、気持ちだけでなく体調不良も続いている、そんな症状がある時は「うつ病」の可能性を考える必要があります。特に環境の変化や辛いこと、悲しいことがあった後などに表れやすいので気を付けましょう。勝手に自分の症状から病気を決めつけるのではなく、まずはきちんとした医療機関で診てもらうことが大切です。うつ病はイライラや不安定な感情の起伏、何に対してもやる気が起きない意欲の低下、集中力や判断力の低下なども心の症状として挙げられます。身体に表れやすいのは頭痛や肩こり、めまい、吐き気、他にも睡眠障害、食欲不振、疲労感、脱力感、下痢や便秘、生理不順など多岐に渡る症状が見られます。一時的なもの、精神的なものと安易に判断してはいけません、大きな病気が隠れている場合もあるので、それらを見逃さないためにもきちんと検査をしてもらうことが必要です。心の状態が悪くなると身体も不調になり、逆に身体の調子が悪くなると心のバランスにも影響があると言われています。切っても切り離せない関係だからこそ、心身の両面から診ていくことが重要なのです。うつ病は専用の診断基準をベースに、詳しい問診が行なわれます。また血液検査や尿検査などで身体に異状がないかどうかも確認します。同時に現在の置かれている環境や悩んでいること、困っていることなどもチェックします。その上で、専門家が総合的に判断しうつ病かどうかが分かります。疲れが溜まると身体が悲鳴を上げるように、心も不死身ではありません。心の病は決して恥ずかしいことではなく、まじめに取り組む人、几帳面な人に起こりやすい病気です。一生懸命生きて来た証拠と考え、心の診察も積極的に受けるようにしましょう。

増え続ける心の病

ストレス社会といわれる現代。うつ病は特別な目で見られる病気ではなりつつあります。昔は「わがまま病」だとか「甘え病」という捉え方をされ、気持ちの弱い人間と偏見の目で見られた時代もありました。しかし現代では心の病を軽視する傾向が少なくなり、他人に言えない病気の代表格だったうつ病は、周りにいても決して珍しいとは思わない病気になってきました。2008年の厚生労働省の調査でも、医療機関を受診しているうつ病の患者数は100万人以上いるという結果が出ており、受診していない人も合わせると相当な数になると言われています。うつ病を放置すると状態が悪化するケースが多く、治療に要する期間も長くなります。ひどくなると仕事や家事が出来なくなってしまったり、人に会ったりすることはもちろん、外出するのも辛くなり日常生活に大きな支障を及ぼします。どんな病気もそうですが、早期発見早期治療がとにかく大事だと考え、早め早めに受診することをお勧めします。患者数が増えていることにより、病院の予約も取りづらくなっています。必ず余裕を持って受診することを心がけましょう。うつ病の治療方法は薬物によるものの他に休養や心理的療法などが用いられます。薬物は依存性や副作用を心配する声も聞かれますが、漢方などの副作用が少ない薬もあります。薬に対して不安があるようなら、医師や専門家に相談して納得のいく方法で治療してもらいましょう。また休養は心身の疲れを取るためには必要不可欠なものです。休むべき時にはきちんと休み、生活にメリハリを付けることも大切な治療法です。心理的療法は否定的、ネガティブな思考から肯定的、ポジティブな思考へと切り替えていくものです。気持ちが前向きになることで、心身共に健康を取り戻すことに繋がっていくのです。